フラワーギフトをお見舞いに贈る

フラワーギフトは、色んなシチュエーションで贈られます。

スポンサードリンク

誕生日や記念日などお祝いの場を思い浮かべる方は多いと思いますが、それだけではありませんよね。

例えば、お見舞いなどお祝い事でなくても、フラワーギフトは贈られます。

ここでは、お見舞い用のフラワーギフトについて紹介したいと思います。

お見舞いの際、フラワーギフトを持っていく方は多いです。
花には、人を元気にしたり、癒してくれる効果があります。

キレイなお花で、入院している方の気持ちを和ませ、元気づけてあげましょう。

さて、フラワーギフトをお見舞いに持っていく際には、いくつか注意点があるのでご紹介します。

1.縁起の悪い色の花は避ける

色には、縁起のいい色と悪い色があります。

白・紫・青の色は、縁起がよくない色とされているので、お見舞いの花の色としてふさわしくありません。

お見舞いに持っていく花の色としてオススメなのは、黄色やオレンジなど明るい色です。
これらは、気持ちを明るく元気にしてくれます。

2.鉢植えは避ける

鉢植えの植物には根がありますよね。

根付く=寝つくを連想させるので、鉢植えの植物はお見舞いにはNGです。

3.花束よりもフラワーアレンジメント

フラワーギフトにも色々ありますが、お見舞いに持っていくなら、花束よりもフラワーアレンジメントがよいでしょう。

花束は、生けなおす手間がかかりますし、花瓶がない場合もありますよね。

フラワーアレンジメントなら、そのまま飾っておけるので便利です。

また、プリザーブドフラワーも人気があります。
最近では、花粉症の方も多く、花束を嫌がる人って結構いるんです。

プリザーブドフラワーなら、花粉が飛ぶ心配がありませんよ。

4.お見舞いに行くタイミングをよく考える

知り合いが入院したと知ったら、早く顔を見に行きたいと思うかもしれません。

しかし、入院してすぐにお見舞いに行くのはよくありません。

お見舞いは、様子をみて病状が落ち着いてから行ったほうがいいでしょう。

また、人によっては、あまりお見舞いに来て欲しくないという方もいます。
入院中は、人に会いたくないと思う方って多いんです。

そんな時は、無理にお見舞いに行くのはやめましょう。

退院を待って、フラワーギフトを快気祝いで贈るのがいいと思いますよ。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

フラワーギフト(贈答用の花)の種類
フラワーギフトとは、贈答用の花のことです。 フラワーギフトには、たくさんの種類が......
フラワーギフトを贈る際のポイント
フラワーギフトを贈る機会って、色々とあると思います。 ここでは、フラワーギフトを......
誕生日に贈るフラワーギフト
フラワーギフトは、相手に喜びや感動を与えます。 特に、女性の多くは、フラワーギフ......
フラワーギフト 1月〜3月の誕生花
誕生日にフラワーギフトを贈る方、多いと思います。 お花選びをする際、誕生花を入れ......
フラワーギフト 4月〜6月の誕生花
誕生日に贈るフラワーギフト、人気があります。 1年に1度の記念日にフラワーギフト......
フラワーギフト 4月〜9月の誕生花
これから、7月〜9月の誕生花をご紹介します。 7月〜9月が誕生日の方にフラワーギ......
フラワーギフト 10月-12月の誕生花
10月〜12月が誕生日のお知り合いにフラワーギフトを贈る予定の方、誕生花を贈って......
フラワーギフト(誕生日)の相場
フラワーギフトって、色んなシチュエーションで贈られますよね。 中でも定番なのは、......
オススメ花束 縦長とブーケタイプ
花束とは、花を束ねて和紙やセロファンでラッピングした贈り物です。 フラワーギフト......
人気のフラワーアレンジメント
フラワーアレンジメントとは、オアシスと呼ばれる専用スポンジを花器の中にいれ、それ......
プリザーブドフラワーギフト
プリザーブドフラワーは、最近人気が出ているフラワーギフトです。 プリザーブド(p......
観葉植物とサボテンフラワーギフト
フラワーギフトで、観葉植物を選ぶ人、最近増えています。 花束みたいに手入れをする......
結婚記念日と長寿祝いにフラワーギフト
フラワーギフトは、様々なシチュエーションで贈られます。 色んな記念日がありますが......
お見舞いにNGの花
お見舞いにフラワーギフトを持っていく方は多いです。 花は、人を元気に明るくしてく......
お悔やみ用の花を贈る際の注意点
フラワーギフトは、お祝い用だけではありません。 お悔やみ用のものもあるんです。 ......
花探し フラワーギフトを贈る
フラワーギフトを贈る機会って結構ありますよね。 花を選ぶ際、あなたはどうしていま......
お花屋さんとスタッフの選び方
お花屋さんって、入りにくいと思っている方、結構多いですよね。 お花屋さんって、閉......

▲このページのトップへ