バラでドライフラワー ハンギング法とシリカゲル法




フラワーギフトで、バラの花をプレゼントされることありますよね。

大切な人からもらった大事な花、できるだけ長く残しておきたいものです。

花は生き物なので、時間が経つとしおれてしまいます。
特に、バラは、衰えやすい花です。

そのため、美しいバラを残しておくためには、ドライフラワーがオススメです。
ドライフラワーに、バラはとっても適しているんです。

ドライフラワーは、家庭でも簡単にできるお花の保存法として、有名ですよね。
その方法を、これから紹介したいと思います。

【ハンギング法】

花を吊るして乾燥させる方法です。

バラの花を風通しのいい場所に吊るしておくだけで、美しい色ドライフラワーを作ることができます。

ポイント1は、花を吊るすタイミングです。

花は、満開になる前に、吊るすようにしましょう。

満開になるまで楽しんでから乾燥させたいところですが、満開になる前に吊るした方がキレイなドライフラワーが出来上がりますよ。

ポイント2は、花を重ならないように吊るすことです。

バラを花束でもらった場合、そのまま吊るすのではなく、1度小分けにしましょう。
それから、余分な葉をカットします。

花が重ならないように吊るした方が、キレイな色のドライフラワーができますよ。

続きを読む

(C) 2009 フラワーギフト(母の日,誕生日)